買取サービスの注意点

買取不動産のデメリット

買取不動産を利用するデメリット

買取不動産を利用する一番のメリットは、何と言っても成約を終えるまでのスピードの良さです。一般に不動産を売却する時と比べて格段に早く成約出来るので、住み替えの為のローンを重複したくない方やとにかく早く売って現金化したいという方にはお勧めのサービスです。一方これにはデメリットもあって、早い成約をする為には、市場価格の7割から9割の低めの査定が相場となっています。高く売りたいからと時間を掛けたところで必ず高く売れる訳ではないですし、時間を掛けている内には基本の市場価格自体が下がってしまい、結果やっぱり安くなってしまったという事も良くあります。どんな事柄にも良い面と悪い面がありますから、まずはその辺りを理解して、必要に応じて買取サービスを利用する事が大切です。

不動産買取における注意点

不動産買取における注意点は大きく分けて3つあります。1つ目は物件価値をよく知っている業者を探すということです。業者の規模は大小様々ありますが、最も適正な価格評価を行ってくれるのは地元のことをよく知っている業者であることが多いので、今までの価格変動や今後の地域の開発状況を踏まえた価格の算出が期待できます。2つ目は可能な範囲で売却の理由を説明するということです。売却の理由を説明することによって、適切なアドバイスをもらえる場合がありますので大変参考になるはずです。3つ目は引き渡しに関する条件の確認です。物件をどのような条件で引き渡すかによって、かかる費用が変わってくる場合があります。家財を置いて行く場合は処分費用を請求される場合もありますから、買取の前に事前に打ち合わせをしておくことが大切です。

↑PAGE TOP