不動産買取と諸費用

不動産買取にかかる所得税

業者の不動産買取の際の所得税

不動産を売却する際、仲介業者に依頼する方法の他に、買取業者等に直接売却する方法があります。仲介手数料がかからず、仲介業者に売却するよりも段取りが簡単です。広告も一切することないので他人に知られることなく短時間で売却できるところがメリットです。買取による売却でかかる諸費用には、課税文書にあたる不動産売買契約書に貼る印紙税と、金融機関等でローンを組んだ際に建物と土地を担保として設定される抵当権の抹消登記の免許税と、売却価格が購入価格よりも上回った際に課せられる譲渡所得税があります。譲渡所得とは、売却価格から購入価格と取得費用と譲渡費用を引いた分なので、売却金額が購入金額を下回った場合は、譲渡所得税はかかりません。

不動産の早期売却可能なサービス

所有する土地や建物を売却する時に、不動産の買取を専門にする買取不動産のサービスを利用すると、最短3日~1ヶ月程度で成約の終了が可能です。一般の仲介会社に頼むより早く進むので、早期の売却で1日でも早く現金化したいという方にお勧めの方法です。仲介会社では買い手探しの為に売り出し広告を出すので対面を気にする人には辛い部分がありましたが、このサービスでは広告を出す必要が無いので、売りに出している事が人に知られて恥ずかしいという思いをする事がありません。仲介手数料として払っていた売却価格の数パーセントに及ぶ経費も掛からないので、成約時に提示した金額がそのまま自分の取り分となります。次の買い手に対するアフターフォローを求められる事もありませんので、早期で手軽に売却を望む人に適しているサービスです。

↑PAGE TOP